Quensis.com

スマートな惑星のためのソリューション。

悲嘆に落ち込むパートナーは 憂鬱に陥り 子供を甘やかすと ネガティブな感情を変えることができる

悲嘆に落ち込むパートナーは 憂鬱に陥り 子供を甘やかすと ネガティブな感情を変えることができる

[NOW Health Computer Group/Resource Reports] 愛する人の喪失は、生涯におけるストレスの大きな源の1つですが、最近、毛皮で覆われたペットを飼うことが痛みを和らげるのに役立つかもしれないという新しい研究が、老年学者のジャーナルに掲載されました。

研究チームは高齢者437人を対象に調査し、一部は離婚や死亡で配偶者を亡くしたが、自宅に猫や犬を飼うことが孤独感や落胆の緩和につながっていることがわかった。

フロリダ州立大学の社会学の准教授で研究リーダーのドーン・カーは、彼女のチームは、未亡人と複数の結婚を経験した人を比較し、パートナーが死んだり離婚したりしたときにペットを飼うかどうかの違いがあるかどうかを調べた。

その結果、残りの半分は重度のうつ病を患っているが、ペットを飼っていない人はうつ病の症状と孤独感がより顕著であることがわかった。

ドーンカーはさらに、これは配偶者の出発後に欲求不満を生成するために正常であるが、通常、時間の経過を通じてこれらの条件に適応することができる1つの重要な発見であることを示しています。 一方、孤独感の持続性は、死亡率の向上と障害の発症の加速につながり、特に健康に有害である。 この研究は、ペットのペットの飼育は、配偶者の損失の悪影響を軽減し、間接的に健康に役立つことを発見しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *